借りていい場合と借りてはいけない場合

基本的に友人にお金を借りるというのはするべきではないことは多くの人が思っていることでしょう。

 

ただし、時と場合、理由や状況によってそれは異なります。

 

もちろんその友人との親密度や金額にもよります。

 

これらのことはほとんどの人が理解していますが・・・時々、えっ!という様なことをする人もいます。

 

そうなんです、人によっては、常識と思っていることが、時に常識ではないので注意が必要です。

 

友達にお金を借りてもいい場合

例えば、学食や社食でお昼を食べようとしたとき、財布を忘れてしまったとか・・・

 

教室やデスクにおいてきてしまったとか・・・そんな時に緊急避難的に、数百円程度借りるのはどうでしょう?

 

そうこの程度であれば、金額も少ないですし、直ぐに返せるでしょうし、友達なら喜んで貸してくれるはずです。

 

しむろ友達の方から、貸してあげるよって行ってくれることも多いでしょう。

 

この程度の感覚は誰でも「そんなの当たり前」と思うことでしょう。

 

ここで重要なのは、貸す相手が喜んでお金を貸したいと思うかどうかなのです。

 

ここでは当たり前の様な気がしますが、

 

基本的に友達からお金を借りていいのは、この原則が成り立つときだけです。

 

少しでも、嫌だなあ・・・、でも断りづらいな・・・と相手に思わせるような借り方をした場合、

 

あなたは、信用や、友人としての好き嫌いの、嫌いを相手に与えることになるのです。

 

逆の立場になってみてください。

 

友達がピンチで、助けてあげたいと思うのは、その親密さ、好き嫌いで、許容量が違います

 

だから、どんなときでも、また誰に対しでも、「その程度のお金を貸せば、友達が助かるんだったら、喜んで貸す」

 

と思える金額は違います。

 

また金額だけでなく、返済までに予想できる時間の長さが異なるのです

 

だから上記の様なケースでも、一応友人面はしているけれど、嫌いな相手であったら、

 

たった数百円でも自分から貸したいとは思わないはずです。

 

だからもしあなたが、急にお金が必要になった場合、貸してほしいと頼める友人かどうか・・・

 

またその友人がどの程度の金額で、どの程度の返済期間が予想されれば、喜んで助けてくれるか

 

それをよく考えてから、貸してほしいと口にすべきです。

 

借りてはいけない場合

どんなに親しい友人であっても、相手の収入を考えず貸してほしいと行ってはいけません。

 

もし、3万円借りたいとして、月収が10万円前後しかない相手に、

 

貸してほしいと行っても、よほどの理由と、あなたの困り度がなければ、

 

快く貸してくれたとしても、自分も厳しい成果とになりますから、

 

喜んで貸してあげたいとまで思う人はそういないでしょう。

 

3000円ぐらいであれば、親しければOKでしょうね。

 

名ばかりの友人なら300円ぐらいでしょう。

 

逆に、そんなに親しい友人でも、月収100万円で、

 

あなたが財布を落としてしまったとか、ひったくられたとかして、

 

給料日までの生活費が厳しいとなった場合、

 

一応友人であれば、気の毒に思い、また自分の懐には大して響かないし、

 

給料日になれば返済してもらえるだろうという場合、

 

おそらく大半の人が喜んで貸してくれるでしょう。

 

友人の許容量は思っている小さい

そう前述いたとおり、お金はとても大事なものですから、

 

喜んで貸せる場合と金額は実はとても狭いのです。

 

これを超えてしまうと、友人関係は続けてもらえても、

 

どこかで信頼をマイナスしてしまい、あなたの信用や、

 

その人にとっての評価は絶対に下がります。

 

あなたがどうでもいいと思っていて、相手があなたが大切だと思っている友人だとすると

 

そのお人好しにつけ込んで借りても、信用や評価が下がっても気にしないかもしれませんね。

 

だから、自分にとって大切な友人ほどお金を借りてはいけないと言うことになります。

 

そして、またそうでない友人にお金を借りた場合は、その人からの評価が下がるのは気にならないとしても、

 

その回りの人にあなたの信用度は伝わります。

 

1人の友人の信用度を落とせば、その何倍もの人の信用度を落とす可能性があるのです。

 

そんなに親しくない友人にお金を貸してほしいとというだけで(借りられても借りられなくても)、

 

あいつに金貸してくれって言われてさ・・・」ということを伝播します。

 

そのリスクがとても高いのです。

 

結局、大切な友人からも、そうではない友達からも、お金を借りるというリスクは、

 

あなたにとって大きなリスクとなり、失うものは予想以上に大きい訳です。

 

そもそも、それがわかっている人は、今すぐお金が必要になったときでも、

 

友達からお金を借りようとはまず思いません。

 

この記事を読むこと自体もおそらくないかもしれません。

 

お金が必要、→そうだ、友達に借りてもいいかなあ・・・

 

でもちょっとまずいかなあ・・・そう思った時点で、あなたは非常識の部類の人の可能性があります。

 

借りてもいいいのは、親ぐらいと考えておいた方が無難です。

 

直ぐにお金を借りたいのであれば、利息というマイナスはありますし、

 

借金というリスクと、心の重さは生じますが、キャッシングした方がずっと失うものは少ないのです。

 

キャッシングでお金を借りた場合、現金さえ返せば、全く失うものはなく、

 

逆に、お金を借りて、ちゃんと返済したという記録は、あなたの信用度を高めます

 

借りて返すという実績がないまま、50歳過ぎてお金を借りる時、逆に信用度が低いくらいですから。

 

友達から借りたら、信用度があがったり、評判がよくなったりはしないでしょう?

 

借りて信用度が高くなる可能性があるのは、貸金業者や金融機関、信販会社から借りる場合だけです。

 

だったら、今すぐお金を借りたいと思ったときに、まず考えるのは、今すぐ貸してくれる、

 

即日融資可能な消費者金融という帰結になるはずです。