勤務先が休業日の在籍確認はできるのか?

今はネットだけでお金が借りられる時代です。

 

土日休日でもお金を借りることはそんなに難しくありません。

 

しかし、一つだけネットだけでお金を借りるのが困難であることがあります。

 

それは勤務先の在籍確認です。

 

一部特定の銀行に口座を持っていれば完全にWEBだけで完結できる審査システムを用意しているところもありますが、

 

その条件の範囲は狭いので、たまたまその条件下にあった人がお金を借りることになった場合ぐらいだと思います。

 

現在実際に働いているかどうかは、申込時に記入された勤務先に電話をすれば直ぐわかります。

 

ですから一番早く簡単な方法として、お金を借すとき、金融機関は勤務先に電話をします。

 

ですが、勤務先が定休日などで休業していて、誰も電話に出ない状況だとこれができません。

 

土日や平日に関係なく、たまたま申し込み補下費が会社の休業日で誰も電話を取らないことがありますよね。

 

この場合は、即日審査を終了できないので、翌日以降に持ち越しになってしまいます。

 

しかし、方法がないわけではありません。

 

問題は、借りたい金融業者の対応次第と言うことになります。

 

電話をせずに在籍確認する方法として、期近の給与明細書などで補うことができる可能性があります。

 

どうしてもその日に審査を終えてお金を借りたい場合は、金融会社に直接相談する必要があります。

 

会社によっては、どうしてもだめだというところもありますが、相談すれば他の方法を代用してくれるというところも存在します。

 

給与明細など代替えとして書類を提出すればよいところ。

 

とりあえず他に信用情報に問題となる点がない場合は、後日確認ということで、審査をクリアしてくれるところもあります。

 

電話やメールで相談する

勤務先が休みで在籍確認ができないことは最初からわかっていることなので、

 

とりあえずWEBから申し込みをしたら、本人確認の電話があったときや、

 

自分から相談の電話をして、勤務先が休みだけれどどうしても今日中にお金を借りる必要があることを相談するようにしましょう。

 

他の方法で在籍確認をすることができるところであれば、対応をしてくれます。

 

これは自分から相談しないとだめなので、まずは申し込みをして必要な情報を送ってからすねといいでしょう。

 

そうすれ貸金業者も信用情報に他に問題がなければできるだけ対応しようとしてくれます。

 

ただし、審査に通るかどうかギリギリの信用力である場合は、電話での在籍確認ができないと難しい場合もあります。