お金が必要な女性のいろいろな場面

主婦が家族のためにお金を借りたいとき

主婦はいつも計画的にやりくりをしている人でも、いろいろな場面で想定外の出費を余儀なくされることがあります。

 

大抵は家族、その中でも一番多いのが、子供に関する出費です。

 

後からほかで専用のローンで借りられたり、補助金などが出たりするものが多いですが、

 

一時的に現金を用意して立て替えて支払っておかなければならない場合です。

 

子供が公立高校に受からず、予定外の私立への進学になって、入学金を納めなければならなくなったとか・・・

 

制服の費用が思った以上に高かったとか・・・そんなことは日常的に起こります。

 

こんな時、一時的にすぐに貸してくれるのは、消費者金融ですが、

 

それでも今は、収入のない人には、貸金業法でお金を貸すすることができません

 

ただしパートで少しでも収入があれば、主婦でもお金を借りることは可能です。

 

銀行などはなかなか審査も厳しいですし、時間もかかるので、一時的にお金をやりくりするだけでしたら、

 

少額であれば、銀行のカードローンも、消費者金融のカードローンも大して金利は変わりません

 

そもそも、教育ローンとかで後から低金利で借り換えできるものでしたら、

 

無利息期間がある消費者金融大手で借りた方がずっとお得です。

 

パートや派遣でも、安定した収入があり収入があり、50万円以内の限度額であれば、土日でもお金を即日借りられるでしょう。

 

OLがバーゲンセールの資金にお金を借りたいとき

ここぞという的にお金を使いたいときは、リボ払いするよりも、お金を借りてしまった方が得なことがほとんどです。

 

リボ払いは、月の支払いが少ない分、とても利息分の返済金額が多くなってしまいます。

 

その利息があればもっとバーゲンで商品を買えたのにということになってしまいます。

 

次または、2ヶ月先の給与ぐらいで返済できるのであれば、無利息期間のある消費者金融のカードローンで借りた方が得です。

 

1年くらいで返済していくのであれば、銀行のカードローンを申し込んだ方が利息は少なくてすむでしょう。

 

ちゃんとした年収があるのであれば、リボ払いなんてせずに、ちょっとだけ面倒でもカードローンに申し込んで借りた方が得です。

 

一度作ってしまえば、年会費などもなくいつでも借りられますからね。

 

女子大生、専門学生が海外旅行の資金でお金が必要な時

卒業旅行などで海外に行く学生は多いですね。

 

社会人になってからではなかなか長い休みを取れない時こそ、海外で見聞を広めてくるのはいいことだと思います。

 

バイトなどで軍資金を貯められればそれでいいと思いますが、もっと資金がほしい場合もあるでしょう。

 

学生であれば、2週間、3週間、1ヶ月なんて長期滞在もできる少ないチャンスですからね。

 

就職が決まっているのであれば、返済も問題ないと思いますので、急ぎでなければ銀行のカードローンが有利ですね。

 

バイトもしていれば年収もあるでしょうから、審査も受けられるでしょう。

 

ただし、銀行も今はとても審査が厳しくなりましたし、学生がへの審査はなかなか難しいものがあります。

 

やはりその場合は、無利息期間がある消費者金融がいいでしょう。

 

レディースキャッシングを利用しよう

大手の消費者金融では、女性専用の申し込みが用意されています。

 

ネットで申し込みをする場合も確認のための電話がかかってきますが、レディースのも専用申し込みをすれば、女性担当者から必ず連絡がくるようになっています。

 

条件などは全く同じなのですが、カードローンを作るときちょっと心配な方は、このレディースキャッシングの申し込みを利用するといいでしょう。