ネットでお金を借りるポイント!

ネットでの申込みが一番早く契約できます

今は多くのカードローンがインターネットでの申込やスピーディーな審査、即日キャッシングなど様々なサービスを展開していて上手に利用すればその日にお金を借りることが出来たり申し込み方もとても手軽になっています。

 

以前のように窓口まで足を運んで書類に記入したり必要な書類を郵送で提出したりしていたのが自宅に居ながら、外出先からPCやスマホを使って簡単に出来るようになり、手間や窓口まで出向かないでいいという時間短縮で一番早く契約できるのがネットからの申し込みなのです。

申し込む前に必要なもの

申込だけをすればそれで融資が受けられるというわけではなく、審査に必要な書類を提出しなければ契約できません。審査そのものにかかる時間は最近では非常に早くなっていますが、書類の提出に時間がかかれば審査が遅くなります。

 

最低限度必要な書類としては、本人確認のための身分証明書(免許証・健康保険証・パスポートなど)ですが、貸金業者では50万円を超える場合や他金融機関からの借入残高合計が100万円を超えている方は所得証明が必要になりますのでご注意。

 

※外国籍の方は、「在留カード」または「特別永住者証明書」(法令により、有効とみなされる期間内は>「外国人登録証明書」を含む)を用意しましょう。

所得証明ー公的な期間がまたは法人などが発行したもので、公的なものは、「住民税納税通知書」や「住民税納税証明書」、課税証明書(または通知書)、所得証明書または通知書)などです。

 

キャッシングやローンの申込み審査で、収入が分かる物であれば、源泉徴収票、給与明細書などでも良いところもあります。

 

自営業者の場合は「確定申告書」になります

ネットで申し込みの流れ

それではインターネットでキャッシングをするまでの流れを見てみましょう。

 

申込からカード受取→利用まで

インターネットから申込をする

入力フォームに従い間違いが無いように入力しましょう。特にメールアドレスの入力ミスに気をつけましょう。提出書類は写真に撮ってメールで送るだけでOK!
※ネット申込だと、記入漏れが防げるほか、情報が郵送よりも早く到着するので、審査開始時間を早めることができます。カード受取方法もここで選択します。

審査結果を待つ

※最近では即日審査をウリにしているカードローン会社も多く、早くて30分後に結果をくれるところもあります。

結果をメールで受け取る

※合格の結果連絡には、キャッシング利用可能額、カード受取内容(ATM受取の場合は営業時間、郵送の場合は現在の発送状況など)が記載されているので、必ず確認しておきましょう。

利用開始
  • 自分が指定した銀行口座へ振込みされますので家から出ず、外出先からでも利用できます。
  • ネットを利用すれば利用限度額内で繰り返し借入や返済を行うことができます。
  • ネットで借入をすれば瞬時に指定口座に振り込みが実施されます。

※利用している金融機関の営業時間などによって実施時間が異なりますので確認しましょう。

  • ネットから利用額を増やしたり、変更したりするのも簡単に出来ます。
  • 銀行などの金融機関の口座を利用した自動引き落としは返済日を気にしなくていいのでおすすめです。
カードの受取

申し込みの際選択した方法で受け取ります。無人機までカードを受け取りに行くか、郵便で届くのを待ちましょう。

 

ただし、カードなしでも口座に振り込み融資できるサービスやスマフォさえあればカードレスで使えるアプリを使ってATMからキャッシングする方法もあります。

 

つまり無人契約機にもいかずに即日キャッシングできるサービスもあります。

 

ここがポイント!ネットでお金を借りる時
  • ネットから申込をするのが一番早い。(WEB契約限定で即日振込の所もあり)
  • ATMでキャッシングしたい場合はネットで申し込んでから郵送または無人機や窓口でカードを受取る

3つがそろえばネットでお金が借りられる

今ではPCよりもスマートフォンでネットを借りる方が便利です。

 

パソコンのないところでも、例えば電車を待っている駅のホームでも、スマフォ一つあれば申し込みできるからです。

 

必要な書類も50万円以下の申し込み、また他で借りている債務と併せて100万円いないであれば、

 

収入証明がいらないので、身分証明書があれば、審査してもらえます。

 

身分証明書だったら大抵持ち歩いているはずですから、自宅や会社に戻らなくても、すぐに申し込みできますね。

 

今はほとんどのカードローンの申し込みがネット対応になっています。

 

専用の申し込みアプリなどもあるので、書類を写して、送信するのも簡単にできます。

 

だから最低限、スマートフォン、通信環境、身分証明書3つがあればネットでお金が借りられるのです。

 

実際にキャッシングするときにカードがないから、すぐに借りられないじゃないか・・・

 

無人契約機に行ってカードを受け取らないとだめじゃないか・・・・

 

そう考える方もいると思いますが、今はアプリでキャッシングもできてしまうので、カードも不要なのです

 

ただし、もし審査に通らないとお金はは借りられないのはいうまでもありません。

 

またネットでスパムメールを送って営業しているような、名前も知らないような業者で借りてはいけません。

 

名前の知られた大手の貸金業者で借りるようにしてください。

ネットで借りられるカードローン

融資 実質年率 特徴
プロミス 4.5%〜17.8%

・借り入れから30日間無利息
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
・審査回答は最短30分!

アコム 3.0%〜18.0%

・初めての方最大30日間金利0円
・最短30分で審査回答!
・来店不要で即日融資可能!

アイフル 3.0%〜18.0%

・セブン銀行ATMでカードレスでも可能
・審査時間最短30分/最短即日融資可能
・初めてのなら最大30日間利息0円

SMBCモビット 3.0%〜18.0%

・充実したセルフマネジメントシステム!
・10秒簡易審査/10秒簡易審査結果表示
※本審査と結果が異なる場合があります。
・ネットで申込み完結も可能

ネットでお金を借りる時の疑問点

初めてネットキャッシングするのですが、分割払いは危険ですか?

キャッシングは原則分割払いですから、危険か否か考える余地はないでしょう。
利息とともに元金を返済することになりますが、返済方式は金融機関によって異なります。

 

ただし、キャッシングは原則分割払いだというのは、あくまでも‘原則’であるということで、絶対ではありません。
というのは、キャッシング会社によっては繰り上げ返済を認めているからで、原則分割払いすることになっていても

 

返済日前に一括で返済してしまえば、実際は一括返済となるわけです。
ですから、分割払いを選択しても一括で返済することは可能です。

 

決められた金額を毎月返済していけば良いだけですから、返済期日を順守していれば分割返済すること自体に危険はありません。
しかし、決められた金額を返済しなければ、返済遅延や返済滞納、最悪債務整理に至るという‘危険’があります。

クレジットカードのクレジットとキャッシングの違いは何ですか?

利息がかかる点に違いがあります
クレジットカードのクレジットはクレジット枠又はショッピング枠とも言われていますが、簡単に言うと、ショッピングをする時に現金で支払うのではなく、クレジット会社を通して支払うことを言います。

 

その場で現金を払わずに、後でクレジット会社から請求がきます。2万円の買い物をしたなら、2万円の請求が規定の日にくるわけです。
でも買い物をした分だけ支払えばOKで、何か特別な手数料を支払うといったことは原則ありません。

 

キャッシングに関してですが、キャッシング枠とも言われるこの機能は現金を借りることを言います。
無担保・無保証でATMなどから現金を引き出すことができますが、返済時には一定の利息を加えて返済することになります。

 

どんなに高くても借入額の20%(年利)が上限金利となっていますが、利息という名のかなり高額な手数料を支払うことになります。
例えば急にどうしても現金が必要な時があったとします。そういう時はクレジット枠ではなくキャッシング枠を活用し、現金を引き出す場合があるでしょう。

 

あって損するものではありませんが、使い方に一定のテクニックが求められます。

消費者金融の金利計算方法について教えてください

利息は金利だけによって決まるものではなく、金利、借入残高、借入期間によって利息が決まります。
このどれか一つでも抑えることができれば利息を抑えることができます。

 

〔借入残高×金利÷年間日数×借り入れ期間〕で計算をしてみましょう。
例えば5万円を消費者金融の上限金利である18.0%で30日間借り入れをしたときの利息です。

 

5万円×18.0%÷365日×30日になりますので利息は740円です。
ところが返済をすることによって、借り入れ金額である5万円という金額は少なくなります。

 

返済を続けて借入残高が3万円にまで下がったとすれば今度はこうなります。
3万円×18.0%÷365日×30日で444円です。

 

もう一つ、借入期間を短くしたときの利息も見ておきましょう。
3万円が借入残高として残っている状況で追加返済を行い、前回の返済日から1週間で返済をするときの利息です。

 

3万円×18.0%÷365日×7日で、利息は104円となります。
金利は消費者金融では違いがありません。

 

金利を下げることができないのであれば借り入れ金額や借入期間などを考えて借り入れるようにしましょう。

お役立ち情報サイト

消費者金融、銀行系無担保ローンの住宅ローン借換審査への影響

40代のサラリーマンです。
銀行系カードローン、消費者金融など、個人無担保ローンのカードの作成を検討しています。入会特典(ポイント、航空会社のマイル)が目当てで、実際に借り入れるつもりはありません。
一方、住宅ローンの借り換えも考えているのですが、ローン審査に、個人ローンのカードの所持、カード枚数は影響するのでしょうか?
カードを持っている/いないは、住宅ローン審査に関係無い、仮に融資実績があっても事故無く完済し、かつ、ローン審査時に融資残高が無ければ、問題無い。 と思っているのですが、特に消費者金融については、大きなマイナスになるのではないかという思い(恐れ)もあります。
助言いただけると幸いです。宜しくお願い致します。

(※記事の著作権は配信元に帰属します。)

その日に借りられるカードローン業者を比較
即日発行・即日融資可能なカードローン業者を比較して紹介しています。
今日中に現金が必要になってしまった場合はどうすればいいのか解説しています。

今すぐお金が必要な人のキャッシング方法!
今直ぐにお金を借りるために必要なことをまとめています。申込する時間帯や、申込に必要なこと、また直ぐに審査が住むために知っておきたいことやお勧めの審査の早い業者を紹介しています。

 

借り換えカードローンランキング
借り換えて月々の返済を楽にするおすすめのカードローンをランキング形式で紹介しています。
借換え専用カードローンと、一般のカードローンで借り換えることの違いをまとめています。

おすすめカードローンのランキング
どんな人にどんなカードローンが最適であるかをまとめています。ローンにまつわる体験談などもとても役立ちます。

ネットでお金を借りるには記事一覧

以前は電話や窓口、パソコンに限られていたキャッシングの申込。これでは帰社途中で窓口に寄ったり、自宅に帰ってから申込するほかなく、今日中に何とかしたいというときも、焦りばかりが先走ってしまいがちでした。でも最近は即日対応のカードローンがあり、現在いる場所を問わずスマートフォンだけで、融資の申し込みがすぐにできるようになっているので焦る必要が無くなりました。必要な書類でさえ、スマートフォンで写真を撮っ...

インターネットの普及はすさまじいものがあります。調べものに特化していたインターネットも今では生活に欠かすことができないデバイスになっています。インターネットを利用してさまざまなことが行えるようになりました。その中のにキャッシングがあるのをご存じでしょうか。キャッシングの申し込みは窓口で、というのが今までの常識でした。その後は人に会わないでキャッシングの申し込みができる無人契約機が出ると、キャッシン...

カードローンの審査に落ちた利用がわからない時、もしかしたら総量規制を超えているかもしれません。自分では、年収の3分の1以上借りていないと思っていても、実は1円も借りていなくとも総量規制を超えている場合があるのです。カードローンも持たず、1円もキャッシングしたこともない人でもこれはあり得るのです。クレジットカードなどに、キャッシング枠がついていることはご存じかと思いますが、自分のと持っているクレジッ...

主婦が家族のためにお金を借りたいとき主婦はいつも計画的にやりくりをしている人でも、いろいろな場面で想定外の出費を余儀なくされることがあります。大抵は家族、その中でも一番多いのが、子供に関する出費です。後からほかで専用のローンで借りられたり、補助金などが出たりするものが多いですが、一時的に現金を用意して立て替えて支払っておかなければならない場合です。子供が公立高校に受からず、予定外の私立への進学にな...

業界最大手のプロミスですから、ここで借りても大丈夫?なんていう心配はありませんね。土日融資も基本平日変わらず、審査が最短30分です。審査完了後の平日14:00までに申込み手続きを完了すれば即日融資も可能。そして土日でも金融機関のように休業ではなく、営業していて、営業時間内であれば土日休日でも審査してもらえます。また土日休日でも振り込みできる銀行口座もあるので、無人契約機に行ってカードを受け取らなく...

それは僕が新社会人の時のことでした。僕はある日の土曜日の朝メールを見て慌てました。振り込みの予約が残高不足でできなかったというジャパンネット銀行のメールが届いていたからです。友達の結婚式などで、まだ給料日前なのにメインの口座の残高が少なくなったので、サブの口座から金曜日に振り込みを予約しておいたのです。サブの口座には20万円ほど貯金していたはずなので、10万円ほど念のためにメイン口座にいれておこう...

今はネットだけでお金が借りられる時代です。土日休日でもお金を借りることはそんなに難しくありません。しかし、一つだけネットだけでお金を借りるのが困難であることがあります。それは勤務先の在籍確認です。一部特定の銀行に口座を持っていれば完全にWEBだけで完結できる審査システムを用意しているところもありますが、その条件の範囲は狭いので、たまたまその条件下にあった人がお金を借りることになった場合ぐらいだと思...